葬儀と告別式を同じものだと考えている人がいますが、実際には違うのです。その違いを理解しましょう

葬式という行事で悲しみを乗り越える
葬式という行事で悲しみを乗り越える

葬儀と告別式の違いについて

一般的に告別式を葬儀だと思っている人が多いようです。

しかしこれは間違いなのです。
葬儀には通夜と告別式があります。
故人を見送る一連の儀式が葬儀というのです。
通夜は遺族と故人が過ごす最期の夜です。
故人の旅立ちの準備の期間でもあります。
一般的には通夜は一般の参列者は控えなければいけないのですが、最近では告別式が日中行われることが多いので、様々な都合により夜行われる通夜のほうが参列しやすいということがあり、実際には通夜のほうが参列者が多くなっているのです。
葬儀の中に告別式が位置づけられていると考えると良いでしょう。宗教によってこの言い方も全く変わってくるのです。
どの宗教の葬儀なのか事前に確認をしておく必要があります。

告別式も地域によって全く異なります。
葬儀そのものが地域性が重要視されるものでもあるのです。
同じ宗派であっても、地域が違えば行うことも違ってきてしまいます。
民間信仰というのがあるので、大事にしなければいけません。どんな葬儀であっても宗教色の強い儀式でもあるので、参列をする際にはマナー違反になるようなことはしていけません。香典袋1つにしても名前を書く文字の色を考えなければいけないということがあるのです。
それは日本で古くから行われていることでもあるので、知っておくと便利でしょう。最近ではマナーを知らずに失礼なことをしている人も多いです。
注意をするような存在の人がいないというのも問題なのです。

注目情報

Copyright (C)2017葬式という行事で悲しみを乗り越える.All rights reserved.