葬儀の中でも人生の中で一番悲しいのが告別式だと思います。お香などを行い花を棺に入れてからいろいろあるんです

葬式という行事で悲しみを乗り越える
葬式という行事で悲しみを乗り越える

人生の葬儀の悲しみは告別式なんです

人生の中で一番悲しい一日になるのが告別式だと私は思います。
葬儀の中でもお通夜の場合はまだ故人に会える日と思います。
悲しみもありますが思い出が詰っているのでよみがえると思います。
しかも通常は午前中に済ませると思います。
そのまま泊まりの人やギリギリむになって到着する人もいます。
お経が始まると最初に行うのがお香です。
二つ用意されているので左右に分かれています。
その時に司会の方が名前を言ってから行います。
三回や二回の宗派もあります。
暑いので火傷に注意しないといけないです。
宗派によって長い時間掛かるのもあります。
あとは一部の学会はお坊さんが存在しませんので専門の人が行います。
そしてお経が完了すると本当の最後の瞬間が訪れます。
涙が止まらないので注意です。
まず壇に備えられているお花をはさみできって一人ずつ渡されます。
それを故人に入れてあげます。
そしてすべて終わるとじっくりと見てあげます。
そして扉が閉まり男性集団は棺を運んで出入り口までいきます。
するとそこで霊柩車がスタンバイしています。
そこに棺を入れてあげます。
そしてドアが閉まりバスなどで火葬場に向かいます。
その時に恒例の皿割りが始まりましてそして警笛を鳴らしていくのです

そして火葬場に到着したら最後の別れをして再び式場に戻ってから食事などを楽しみながら二時間ぐらいします。
すると時間になると再び火葬場に向かいお骨拾いをしてから式場に戻って七日を行ってから終了するんです。

注目情報

Copyright (C)2017葬式という行事で悲しみを乗り越える.All rights reserved.