葬儀と告別式は意味合い的にはほとんど同じものなのですが少し違います。その違いについて簡単に説明します。

葬式という行事で悲しみを乗り越える
葬式という行事で悲しみを乗り越える

葬儀と告別式の違いについて

葬儀と告別式は同じ意味で使われていることが多いです。
違いと言えばニュアンスの違いだけだと思っている人も多いのではないでしょうか。確かに葬儀会場と告別式会場は同じ場所を指示します。
会場によって表記が違うだけであるのがほとんどです。

しかし、葬儀と告別式は少し意味が違います。
では、どのような違いがあるのでしょうか。その違いについてこれから少しだけ説明をしていきたいと思います。

よく葬儀、告別式などと言った具合に表記される場合があります。
このように表記される理由は別々に行われていた葬儀と告別式を一緒に行うようになったことが原因です。

しかし、最近では一緒に表記されることも少なく、葬儀または告別式のいずれかを用いるのが慣用となっています。
それでは、この二つの違いですが葬儀は死者をあの世に送る為の儀式です。
それに対して、告別式は参列した人たちが死者に対して別れをする儀式です。
この二つは宗教によっても内容が変わる場合があります。
このように少しだけ内容が違うだけなので一緒の儀式と考える人も少なくありません。
しかし、厳密には違うということだけは覚えておくようにしましょう。葬儀時にも表記は葬儀ならびに告別式となります。
このように表記される理由が理解していないと近い未来に訪れることになる葬儀への参列時に恥をかいてしまう場合があります。
他にも葬儀などの儀式で勘違いされている事柄もたくさんあるので、間違えないようにしましょう。

注目情報

Copyright (C)2017葬式という行事で悲しみを乗り越える.All rights reserved.